隕石の種類

隕石は大きく分けて三種類に分類されます。

(1) 石隕石 (全隕石の94%を占めます)
(2) 鉄隕石 (全隕石の5%を占めます)
(3) 石鉄隕石 (最も貴重な隕石で全隕石のわずか1%しか存在していません)

(1)【石隕石】
これは全隕石の94%を占めており、コンドライト(Condrites)とアコンドライト(Achondrites )に分類されています。

コンドライトはNWAとされ、その種類は1万種類以上存在しています。

アコンドライトは、月(Lunar )隕石が有名となっています。

当博物館にはNWA 869を所蔵していますが、今後色々な種類の石隕石を追加していく予定です。

[2]【鉄隕石】
全隕石の5%を占めているとされ、以下の3種類に分類されています。

1)Hexahedrites
ニッケル含有量が少なく、《ウイドマンシュタッテンパターン》がなく、ロシアのシホテアリン隕石が有名です。

2)Octahedrites と分類され、綺麗な《ウイドマンシュタッテンパターン》が見られ、ナミビアのギベオン隕石、スウェーデンのムオニオナルスタ隕石が有名です。

3)Ataxitesと分類され、ニッケル含有量が多く、 《ウイドマンシュタッテンパターン》がなく、ナミビアのホバ隕石が有名です。

[3]【石鉄隕石】
全隕石の1%しかない極めて貴重な隕石で、

1)パラサイト隕石と2)Mesosiderites
に分類されています。

パラサイト隕石では、ロシア(セイムチャン)、カナダ(スプリングウォーター)、チリ(イミラック)、ケニア(セリコ)が有名となっており2)のMesosiderites では、Vaca Muerta 隕石が有名となっています。

Return Top