ムオニオナルスタ隕石

この【ムオニオナルスタ隕石】は1906年にスウェーデンの北極海側で発見され、今でも隕石ハンターが隕石が落下しているとみられる地域に入りハンティングを続けています。この【ムオニオナルスタ隕石】には幾何学模様のウィッドマンシュテッテン構造が見られ、これは【ギベオン隕石】と同じ模様ですが、この模様は100万年以上かけて冷却されて出来上がるとも言われており地球上で作ることは極めて困難と言われています。そしてこの模様のために多くの【ムオニオナルスタ隕石】はジュエリーに加工されており、原石のまま存在するのは極めて珍しいとされています。この【ムオニオナルスタ隕石】は世界中の博物館で展示されていますが、その多くは100グラム以下で最大のものはチェコの博物館に展示されています24キロとなっており、当博物館には一桁違う133キロもの隕石を所蔵しており、世界最大の【ムオニオナルスタ隕石】所蔵博物館と言えます。

Return Top