ギベオン隕石

ギベオン隕石 (Gibeon meteorite) は、最も有名な隕石で、今から4億5000万年程前にナミビアに落下した隕石で、1838年にイギリス人により、ナミビア・ハルダプ州で発見されました。

分類は鉄隕石になり、今までに26,000キロ以上が発見されていますが、今は国外持ち出しが禁止されており、希少性が高く、価格が年々上昇してきており、投資家やコレクターによる争奪戦が始まっており、最近では年率20%以上上昇しているとされています。

構造的分類としては、《Octahedrites:オクタヘドライト》となり、その成分は以下のようになっています。

Fe 91.8% *鉄
Ni 7.7% *ニッケル
Co 0.5% *コバルト
P 0.04% *リン
Ir 2.4 ppm *イリジウム
Ga 1.97 ppm*ガリウム
Ge 0.111 ppm *ゲルマニウム

また、このギベオン隕石には、【Widmanstatten (ウィドマンシュテッテン)パターン】が見られ、このパターン故に時計のダイヤルやペンダントに加工されたりしており、原石のまま残っている隕石は年々減少しています。

Return Top