カンポ・デル・シエロ隕石

1576年にアルゼンチ・チャコ州で発見されており、実際に隕石が落下したのは隕石落下により作られたクレーターを調べた結果、紀元前2200年から2700年ではないか?と推計されています。1969年に総重量37トン、2016年には31トンの巨大隕石が発見されています。今までに発見されています隕石の総重量は100トンを超えると言われており最も入手しやすい隕石となっていますが、今や海外持ち出しが禁止されており、次第に入手が難しくなってきています。当博物館には165キロの隕石を所蔵しており、日本で見れる最大級の隕石と言っても過言ではありません。

Return Top